So-net無料ブログ作成

表紙写真更新しました [鉄路慕情記 更新告知]

 長野は今日で梅雨入りしてしまいました。まあ、例年通りでしょうか。
 とはいえ、北に行けばまだチャンスがある・・・と言いたいところだけどこの週末は??どうなることやら。
 先週末は非鉄。先々週に羽越でT18走ったやつは行ってきました。
 前夜に村上まで突っ走って、暗がりの中三脚を置きに行って・・・現地泊。
 そして翌朝。天気は午前中は結構よかったのですが、肝心のT18の通過時間が遅すぎでしたね・・・。
 ということで、9時台の510貨物の写真としました。
 510でも赤のやつは好きなので、今後北へ南へ撮りに回るかなあ、とか考えています。

 湖西とかだと朝晩合わせて数本、北陸線も4060以外は朝に偏っているので案外撮りづらいのですが、羽越だと朝も夜もまんべんなく相当な本数。とても楽しい。というか、銀箱ばっかりになった路線と比べてずっと絵作りがしやすいから、いろんなイメージを形にできそう。
 ほんの数年前までかなりの数がパイチだったのでそれを惜しむ声も若い方を中心に聞きますが、そこまで気にするほどでも。
 パイチというと、北の潮風にさらされ、くたびれ果てた老兵、というのが私の感想。485が花形ならパイチは裏方。それはそれでいいのですけど、1枚は押さえたいというのも人情だけど、485が日本海縦貫から事実上消えた今、カッコイイやつもいいと思いまっせ。
 はい好きな人すみません。確かに、「うらぶれた」感は出しづらくなったかもしれません。でもそれはローカルで出せばよさそうにも思えます。

 まあ、被写体のことはおいておいて。羽越はいなほの末期に死ぬほど写真が出たので、もはや言うまでもないかもしれませんが、海の色がすばらしいです。山陰線の三見玉江よりも寒色系で涼やかな青。それを松の木陰で撮るのが何とも心地いいところ。シーズンは文句なしに梅雨入り前。
 日本海縦貫線の485系の最後を見送ったこの日。個人的には、まだまだ撮りようがあると思ったのでした。

↓リンクです↓
鉄路慕情記 Top


コメント(0)