So-net無料ブログ作成

表紙写真、更新しました

 5月も半ば。
 今日もかえるの大合唱・・・というほど、実はそれほど田んぼに水が入っていない長野です。今年は遅いような・・・。
 鉄はぼちぼち。この日曜日でN101がさよなら運転でした。来週末と再来週末はT18。
 豊田の183系とか381系とか185系は残っていますが、これも「やくも」のぞいて数年。会津の485はどうするのかな?
 田舎の踏切で北陸特急ばっかり見てた者としては、一時代がすっかり終わりつつあるなあ、とつくづく思います。

 さて、今回の表紙はそんな流れとは別に、羽越線のキハです。
 パイチの貨物目当てで行ったら、見事に青窯の510で来たので固まったのですが、貨物8本でローカルはキハだから、撮影としては楽しかったかなあ。
 夕日に照らされて、断崖絶壁をカコーン、カコンカコ-ン、なんて昔々ゴハチやゴーニを撮っていた時の記憶がよみがえるかのようでした。
 
 とはいえ、東のキハ40系列はあと5年程度で全面置き換えとなるようで、この姿もあまり先がないようです。
 雷鳥とかゴーニとか、能登北陸がなくなった時、次は北近畿、紀勢貨物、いなほ北越、あけぼの、などなどと仲間内では言われたものですが(こう挙げると遠隔地主体とはいえすさまじい数・・・他にも掘り返したらきりがない。何が「撮るもんなくなった」やねん・・・)、今後はこいつらが狙いどころになるのでしょうか・・・?
 とりあえずキハ撮るなら比較的行きやすい只見、磐西、羽越かなあ。五能線とか八戸線とか津軽線とか、さすがに遠すぎて・・・。
 

 まま、話が長くなりましたが、最後にリンク書いときます。


↓リンクです↓
鉄路慕情記 Top


コメント(0) 

しばし、帰省 [山陰]

 少し空きました。

 連休中は1日目に羽越線行っていましたが、残りは帰省。今日、任地に戻ってきました。

 とはいっても、親戚周りやら友人との会だとか撮影とかでほとんど休む間もなく帰ってきたという形になりました。



 散々動き回ったわりにはなぜか元気なのですよねえ。

 1年がかりで仕込んでいた仕事が一区切りついたというのが大きいのか、何なのか。

 自分でもびっくり。

 どっかでバタリと来ないといいんだけど(^^;)



 帰省中の撮影は、ほぼ福知山の381系でした。

 実はこれまでまともに撮ったことが1回しかなく、一気に撮影したという形になりました。

 気が向いたら連休特集でもやりますかね・・・。

 

 ま、せっかくなので、1枚。





2015.5.1 山陰本線 下山-和知


 国鉄去りて30年近くが経ち、大半の国鉄型が鬼籍入りした中で、国鉄色の381が京阪神のほど近くでかなりの本数走っているというのは意外としかいいようのない展開。

 撮影地も思いのほかいいところが多数。

 本数がやや少ないですが、特に山陰線の綾部以東は秀逸という印象を持っています。

 赤い鉄橋を何本もわたって谷筋を駆け抜ける様子や山頂からの俯瞰、どれも本来の活躍の場である伯備や紀勢西線で意外に撮れないシーンで、これはこれで撮らなければという気になっています。

 381はあまり先がなさそうな感じですが、帰省ついでに狙うにはいいところという感じがしています。撮影回数増えるかもしれないなあ・・・。

 
コメント(2)