So-net無料ブログ作成

錦江湾の夜明け [九州]

 今日は一転して南九州でも。

 気が付いたらずいぶん長い間撮影続けていますが、九州でも南の方にはなかなか行くことができないまま東に来てしまいました。

 急行「くまがわ」やら「彗星」、「なは」あたりは行こうと思えば狙えた世代なのですが、そこまで及びませんでした。当時は指宿や肥薩、吉都にもローカルの58が残っていましたし、475も大量に残っていた頃でしたから、今から考えるとかなり惜しいことをしたなあと。当時の南九州は「国鉄王国」そのものでした。しかし、割合自由に遠征できるようになったころには上記の被写体はすべて引退した後でした。

 特に小さいころから「彗星」のHMがとても好きだったので・・・単独時代のPF牽引の姿が特に好きでしたが、先述した理由からナナロクの牽く姿にも興味がありました。

 なんであの夏休みに行かなかったのだ、といまだに自問自答。

 もっとも・・・実のところは、南九州の撮影地情報があまりにも手に入らなかったのが二の足を踏んだ理由なのです。ブルトレはいざ知らず、キハや475となると車両の運用情報もなかなか手に入りませんでした。わかっていることは、「とりあえず走っているらしい」ことぐらい。

 今でこそ、そこそこ写真が出てきますが、当時は十分な量が集まりませんでした。

 徒歩で歩き回るにはあまりにも思いっきりが要りすぎる・・・。行き当たりばったり、自らの足で運用状況や撮影地を調べ上げるなんて考えすらしませんでした。

 この時の経験があるから今だったら間違いなくそうしますけど・・・。

 列車で移動するにも宗太郎はじめ不便なところがありました。

 四国も似たような感じでしたが、手元にあった撮影地ガイドが秀逸だったおかげでなんとか撮ることができました。比較的近かったうえ、運用情報もコチ車、マツ車ともに詳細なものが手に入ったのです。最後の1往復だけ残っていた朝の窪川行きを安和のコンクリアーチで撮ったりしました。

 当時は日本全国どこ行っても「何か撮るものはある」状態。少しでも撮れただけマシかもしれないけれど、憧れのまま終わったもの、他にも多いですね・・・。

*************




 「なは」が去って6年弱、キハ58や475系が去って5年近くたった3月、深夜の宗太郎峠を越えて、シラス台地の丘や谷をすり抜け、鹿児島にやってきました。訪れる機会はあるのだろうか、とすら思っていた、異郷の国に・・・。




2010.3.9 日豊本線 竜ヶ水-重富


(原文)

 夜明け前、鹿児島の宿を出て、国道を北上する。国道付近の撮影地から構える頃には空が赤く染まり始めた。今日も好天のようだ。三脚を担いで立ち位置を選んでいると、だんだんと桜島の堂々とした山容が目の前にはっきりと現れてきた。噴煙は今日は上がらず穏やかだが、こういう雰囲気も悪くないか。交通量の多い国道沿いで、トラックに被られないかひやひやしながら待つことしばし、宮崎からきた赤5連の「きりしま」は何とか押さえることができた。


(一言)

 初めて見る桜島の威容には感服させられましたね。暗闇から徐々に現れてくるさま、古い映画を見ているかのような渋味のある世界でした。

 この時やってきたのは817系ばかりでしたが、717系の3編成併結6連とかいうものも残っていました。717系は「2013年までに全車運用離脱」したそうですね。アンバランスな側面がなかなか魅力的だったのですが。

 さて、この撮影地。国道脇にPがあって、そこから海岸に降りて撮る、という場所でした。

 おそらく日豊線の撮り鉄史上最強と思われるRMの撮影地ガイドが前年の夏、当時北九州に赴任中だった眼目氏の手により出されましたが、この写真には度肝を抜かれました。

 撮影地としては相当わかりやすい場所でしたが、今まで見たことのない写真でした。それほど南九州が撮り鉄にとって「フロンティア」に近い状態だったともいえるかもしれません。

 鹿児島にやってきて、迷わずここで撮りました。

 欲を言えば、噴煙のあがっているとき・・・だとか、もっと空が赤く染まっているとき・・・だとか、いろんな条件で撮ってみたいものでしたが、この静かな雰囲気も、これはこれで好きですかね。



コメント(0) 

3月の晞干 [九州]

 少しあいてしまいました。

 明朝は久々に撮影に行きますが、思いのほか早くに目が覚めてしまったので、軽く一筆。

 この前からの続きです。またまた3年前の日豊線ネタ。



 大分というところは意外と寒いところです。海沿いでも、雪こそ降らないものの結構寒風が吹きます。特に、朝方がつらい。
 関門海峡を抜けて日本海側の寒気が流れ込んでくることが理由のようです。

 実はこの界隈、この時期は午後になると必ずと言っていいほど雲がわいて曇ってしまうんだそうですが、この寒気がどうも曲者らしいです。現地で同業の方にそう教わりました。



2011.3.10 日豊本線 狩生-浅海井 

(原文)

 3日目、鹿児島宮崎から取って返してまたもこの地にやってきた。前夜臼杵泊で朝6時進発。目指すはもちろん、1日目に出来が微妙だった晞干の正面俯瞰。

 冬型の気圧配置が強まったこの日、空気の抜けは間違いなく今までで最高。奥の山々もきれいに見える。これなら満足いく結果が得られよう・・・。そう思っていると、Kさんが何やら奥の方へと。行けばかなり足場が狭いものの、側面まで日の当たる撮影地。海の入り方は少ないが、3両の被写体がよりきれいに見える。これはいい!
 結局、この場所で無理やり2台構えて、何とか撮ることができた。

(一言)
 九州の東海岸を走る日豊線ですが、しっかり海沿いを走るところは大分~佐伯と日向市のあたり、そして鹿児島すぐ北の竜ヶ水。

 そのうちの、大分~佐伯の間で昔からよく撮られていたところの一つが、この界隈のようです。
 漁村の撮影で一番悩ましいことは、木々が伸びたり、新しい電線が張られてしまったり、果ては埋め立てまでされてしまったりすることがあることですが、ここの集落は見事に、それ。7年前の写真と見比べてかなり撮りづらい場所になってしまっていました。
 そんな中で、撮影地を必死で探し続けた結果が、この写真。

 この通り、きれいな朝の光を浴びて撮ることができました。

 目の前を1本目の76貨物(もちろんあとうちだから絵にはなりにくい・・・そういえば、案外速かったですね)やらローカルやら、ダイ改後充当用の787回送やらが走っていったあと、こいつがやってきました。

 なお、これだけ晴れていたら午後も大丈夫だろうと思いたいところでしたが、案の定、午後はほぼドン曇りで推移しました。


コメント(0) 

菜の花と、485系「にちりん」 [九州]

 続き。


 やっぱり日々の生活ぜーぜーですわ。何するにも一苦労。気が付いたらこんな時間。無駄も多いかもしれないけど・・・。

 いかんいかん。






2011.3.8 日豊本線 津久見-日代


(原文)
 同じ斜面で、菜の花の群生を発見。これはいいテーマが見つかったと喜ぶ半面、なかなかな難題だ・・・という気持ちにも。花を撮りこんでの撮影は、数ミリの移動で雰囲気がガラっと変わってしまう。だからこそ勝負のしどころではあるが、三脚を据えて・・・というものにとってはとても大変。
 考え続けた結果、この時はタテ構図で狙ってみた。3日目も狙ったが、これが自分なりのベスト。


(一言)

 私的にはお気に入りの1枚。編成屋が大多数を占める撮り鉄業界において、そこまで評価されるかどうかはわかんないけど。

 この場所、とても難しかったです。切りイチ周辺に真新しい建物が多い上、この写真でも左手に写っていますが茶色くなっている植え込みがデンとあることが最大のネックでした。その上、菜の花畑も斜面にだらーとまばらにある、雑草も多い、というところでした。手前のぼかし方が数ミリ移動で大きく変わるのはいつものことですが、花が少ないうえに障害物が多くアングルが制約されるので難しかったわけです。そういう感じではありましたが、何はともあれやってみた試し切りはこんな感じになりました。




上に同じ


 ここからどうまとめるか、考える中で・・・。

 植え込みを左手に寄せて、縦位置にしてしまえば真新しい建物はかなりかわせる。菜の花は画面1/3程度、カメラを菜の花に極端に近づけて画面を黄色で潰すようなことはせず、淡い黄色がぽつぽつと浮かぶように、その上で1輪だけ手前に近づけるようにしてぼかして、変化をつけてやる・・・あとは列車の位置を1ミリ単位で調整して、真ん中やや上ぐらい・・・。

 ここで赤5連通過。編成長確認。

 ・・・うまく調整すれば3両ぴたりのようだ。ならば、もう少し広く撮って、もう少し左上に被写体を。対岸部分の写し方を少し狭めてバランスをとることにしようか。

 こんな感じで1時間半、ひたすら頭をひねり続けて、撮ったと記憶しています。

 機材は、40DとタムロンA09だったかと。菜の花のボケ方が「らしい」ですね。



 こういうこと考えるのって、3次元パズルといった感じで、案外楽しいです。



コメント(0) 

南国、行きたい [九州]

 3月はダイヤ改正追い込みの月。

 今年はそこまで激しく活動しませんでしたが、私にとっては前代未聞のブルトレ闇討ちをやったり、はしました。

 闇鉄がはやりだしたころから、こいつが「機材による物量戦」傾向が強いことが分かっていたので、翻って今になってチャレンジしたりしてるわけです。

 で、結果。ど素人だから閾値低いのかもしれませんが、まあ何とか撮れてました。

 雪があると画面に変化が出てくるのがいいですね。雪国で夜間流しというのは、非常に有効な表現方法なのだ、ということを強く感じることができました。

 この夜、上下あけぼのに583の回送、うち2本は関越使って追っかけしたため5本。あの夜は激しかった・・・。Mくんありがとう。



 今回の「3月」、「あけぼの」と「いなほ」以外はそこまで影響ないかな・・・と思っていたら、さにあらず。富機のEF81と金サワ475の運用が激減したことが非常に印象的でした。長野でも中南信地区の115系の運用が大幅縮小したりしたみたいですね。地味に効いてきそうです。

 

 さて、気温が上がり、ぼんやりとしてきた空を見ていると、もう春のはずだが、と思うのですが、目の前には茶色い風景しか広がっておりません。こちらは梅とかもまだまだっぽいです。菜の花なんて、まったく見かけません。ちょっと日当りのいい畑が若干緑色になった?かもしれない程度。日陰には雪が残ったまま。

 それを思うと鮮烈な海の色=紀勢西線やら、菜の花=九州各線、を思い起こします。

 北国なら雪山が割合見えやすいですから、こちらにいる人間ならこれを押さえていくのがセオリーかもしれません。現在、北信五岳を完璧に抑えるだけでも結構な労力になるかもしれない、と思っています。それでも絵的に変化つけやすいのはやっぱり南国の方だとは思います。

 日南線とか、指宿枕崎線とか、行きたいですねえ。

 でも、私、さんざん準備だけしておきながら実は行ったことないので(長野に来てしまった今となってはかなり後悔)、今晩からしばらく日豊ネタでも(このところクソ忙しいし、続くかな・・・)。例のごとく写真+原文+一言。



2011.3.8 日豊本線 津久見-日代


(原文)

 津久見の俯瞰で2列車押さえた後、またまた大急ぎで隣の集落の背後の斜面へ移動。そこで、たまたまミカンがたわわになった木を発見。流れ雲が増えてきて少し気になる展開になりつつあったが、ここはあえて思いっきり広角にして、広がりのある構図で狙ってみた。やってきたのは予想外に長い編成の貨物列車。いい意味で期待を裏切ってくれた。

 EH500の導入で活躍の場を追われているED76。この辺りが最後の活躍の地となるかもしれない。




(一言)

 3年たってしまいました。これは九州の485系を撮る合間にやってきた日豊線の延岡行き貨物です。この時期この界隈で撮れる列車はこの1本だけでした。以前はタキ5450などが連なった専貨が日中に走っていましたが、この時にはすでに廃止になっていました。

 赤い機関車が牽引する列車、魅力的でした。ブルトレのような華やかさはなくとも、真紅の釜はよく目立つからやっぱりいいもの。北陸の交流機は時代の流れに翻弄されて国鉄末期に全滅し、保存車もほとんどない状態なので、「貫通扉なしの赤い釜」には特に憧れが強く、なおのことだったかもしれません。

 あと、DDと同じようなジョイント音というのも不思議な感じがしました。

 当時は軸重の関係から大分以南へのEF81入線は遅いのでは・・・と思っていましたが、結局そんなこともないようで、今や銀釜が延岡まで入ったりしているようですね。

 そういえば。EHがEF81を押し出し、ED76が追われ・・・というと、40年前の交流電化(ED72に始まり、ED76など)→DF50押し出し→C57追われる、の流れとそっくりではあります。

 どちらにせよ、時代の変化を感じます。たった3年、されど3年。2011年~12年はあまり出かけられませんでしたから、変化の大きさを余計に強く感じます。
コメント(0) 

春の淡雪 [○大糸線]

 こちらはまたまた寒さが戻ってきておりまして、もちろん以前ほどではありませんけれども・・・、一回飛び始めた花粉が飛ばなくなる、というようなことも起きております。

 花粉症の人には朗報??多少色目がなかろうと寒いところの方が好きな私にも朗報??

 もっとも、信越山線でラッセルが再稼働したりしているようではあります。

 今年のあちらは小雪とはいえ、春また遠し、かな・・・。



 長野に来まして、1年余り。南北に広く、外には「信濃の国」にもうたわれていますように「10州に境連ぬる国にして」でありまして、内は数多くの小国と人々がごっちゃまぜといった印象の土地ですが、写真を撮るものとしては、移動時間少なくして画面の変化を簡単につけられる、という大きな利点となります。

 長野に赴任することになったのは本当に偶然でしたが、北陸、信越という、かねてからの主戦場の1つに容易に行けることはありがたいところかもしれません。

 もっとも・・・非電化のキハは一通り置き換えが完了してしまっており、小海線と飯山線はキハ110、大糸北線はキハ120。ラッセルは大糸北線だけDD16が残っていますが、この冬の日中に稼働することはなかったようです。

 今撮っているものというと電気系ばかり。4年前が懐かしく思い出されます。





2010.3.11 大糸線 北小谷-中土


 朝、春の淡雪に彩られた静かな谷の中を、旅を感じさせるキハが1両、走り去る。



 最終日前日。イメージに近い絵には、なりました。



 沿線風景と、被写体のすばらしさゆえに、高校時代より通った大糸北線。もちろん、神戸の高校生~暇なし大学生のできる範囲なんて限りがあるものだから、諸先輩方と比べるべくもない程度だろうけれども、塗装変更から5年半、500キロかなたの憧れの星でありつづけてくれました。

 そういえば、いかにも北陸の小都市という糸魚川に、姫川の断崖絶壁、そして信州の山里という感のする小谷、と20キロ強しかない区間で激しい変化をなすこの路線は、上にも書いたような「信州」らしさ、というものを、よく表した路線の一つなのかもしれません。

 今こうやって長野にいて、撮影環境の変化だけは比較的スムーズに対応できたのも、あのころがあったからなのか、な・・・。

 キハは消えども、得たものはあり。

 「ダイヤ改正」は悲嘆にくれるほかないものではありますが、こういったこともある・・・失うものばかりではない。もしかしたら残せるものもあるのではないか、というように念じておきたいと、考えています。



コメント(0)