So-net無料ブログ作成

おひさしぶりの車両に出会って [甲信越]

 更新があまりできていない間、全国を放浪していました。その時の1枚。

 
 


2012.9.13 しなの鉄道 上田駅

 随分色んなところに行きました。そんな中、カメラを潜ませていくことは数回でしたが、この時だけはデジに50ミリ単焦点、そして一脚を携え、信州に向かいました。
 関西からは10年前に消えた、165系列がまだ動いている!しかも労せずして撮れる!ということで、どうしても本気で(本当に本気ならポジにNDフィルタ・・・という人もいるかもしれませんが、そこは置いておいて)撮らずには居られませんでした。
 正確には信越線用の169系ですが、見た目は殆ど変りません。西の165系はペンチレーターが撤去されていたりしたので、こちらの方が外見は原形に近いですね。


 私にとっては国鉄色しらさぎ、石見ライナーと並び、撮り始めの頃に撮れなかった3大被写体。中でも165系、紀勢線には何度も行っていたにもかかわらず運用がわからないという、なんとも初心者らしい理由で定期で走っている姿を撮れませんでした。

 そんな165系の仲間が未だに稼働している、しかも原色!ということでカメラを荷物に混ぜての現地行き。時間がまだあった時期でも関西からここまでは少々行きづらく、チャンスがありませんでした。こうして165系列を10年ぶりに見ることがかないました。


 ということで、写真そのものはどうってこともないバルブ写真であります。

 これを中央快速線の中野駅?の発車メロディを聴きながら撮っていました。しなの鉄道は三セク移行前後にJR東のシステムを導入したそうで、未だに主要駅の発車メロディが首都圏でよく聞くパターンのものです。



 シャッターを押す中、時空が一瞬、ゆがんだように感じました。何かクラッ、と来るような、不思議な感覚です。

 やっぱり、この世界では被写体ってとても大切なんですかね。

 

 


コメント(0) 

復活・・・ [ごあいさつ]

 かれこれ10か月くらい、非鉄な用事で走りまわっていました。


 カタがついた、と思います。まずはご挨拶申し上げます。





 今後、東の国での写真が増えることでしょう。


 こちらではまだ撮り足りないモノが多数あるのですが、ちょっと通うにはつらそうな任地に、赴くことになりそうです。

 仕事内容は私にとって誠に光栄なもの。不満は全くないです。しかし、趣味人としては寂しさがないとは、やはり言い難い・・・。



 そういう訳で、これから第二の故郷となるであろう場所からはちと遠くなるであろう、通い慣れた路線の撮影に行ってきました。


 1日目は午前中に湖西線、午後から嶺北。2日目は終日嶺北で撮り続けました。雷鳥なくなっても日本海やきたぐにが臨時化されても、そして475の引退がカウントダウンになっても、貨物狙いでそば畑ということで、行ってしまいました。案外、雷鳥のついで撮りだと思うように撮れていない、というのもあります。
 Homepageの表紙は2日目の写真。よく撮っている場所での4060レです。




 2012年9月28日 北陸本線 丸岡―芦原温泉

 しばらく更新できない状況が続いておりましたし、既に定期的にご覧になっておられた方々も残っておられないかもしれませんが、本日より更新を再開します。

 以前のように毎日、とはいかないかもしれませんが、出来る限り書いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。



 昨年は先に述べましたような状況ゆえ、コメント欄で対応するにもなかなか余裕がない状態でした。そうであるとはいえ、何とか考えていることを形にしたい、と思ってBlogやっていたのは私であります。そのような中で、今一つな応答しか出来ないシーンが多かったこと、お詫び申し上げます。

 そのような私個人の事情もあり、誠に勝手ながらコメント欄の閉鎖措置をとっておりましたが、私の状況がようやく好転したことから、本日の記事より「書き込み可能」にいたします。



 常識的、とはいえない当Blog管理人が申し上げることではないかもしれませんが、一般常識と撮り鉄業界での慣行の範囲内でのご投稿、お待ちしております。


コメント(0)